間違った洗顔はNMFやセラミドまでも洗い落としてしまう

間違った洗顔はNMFやセラミドまでも洗い落としてしまう

毎日しっかりと洗顔をしているのに、いちご鼻や毛穴の黒ずみが改善できないという方は、ケアそのものに問題があるのかも知れません。

 

合成界面活性剤の配合された洗顔フォームを使っていませんか?

 

いちご鼻や毛穴の黒ずみの原因は、主に毛穴に詰まった汚れや皮脂が酸化したものですが、皮脂には肌刺激や乾燥を防ぐと言う大切な役割もあります。

 

合成界面活性剤は洗浄力が非常に強く、肌に必要な皮脂まで奪ってしまうだけではなく、本来は肌の表面に残り、肌を保護するための角質を含んだ表皮まで剥がしてしまいます。

 

肌バリア機能の薄れた肌は、肌を守ろうとして皮脂の過剰分泌がはじまります。低刺激やしっとりタイプのものでも例外ではありませんので、合成界面活性剤を使用していない洗顔石けんを選ぶようにしましょう。

 

こすり過ぎてはいませんか?

 

実は古い角質や肌についたホコリ程度の汚れなら、ぬるま湯だけでもかなり落とせてしまうものなんです。

 

しっかりと汚れを落とそうとするあまり、ゴシゴシとこすり洗いをしてしまうと、古い角質だけではなく、NMFやセラミドまでも洗い落としてしまいます。

 

NMFやセラミドの不足した肌は乾燥し、ハリと弾力を失った肌は毛穴の収縮に対応できず、毛穴を目立たせてしまうのはもちろん、開いた毛穴に汚れが入りやすい環境を作ってしまいます。

 

まずはぬるま湯ですすぎ洗いをしてから、しっかりと泡立てた石けんで優しく短時間で洗い、絶対にすすぎ残しがないと自信を持って言えるまで、丁寧にすすぎましょう。

 

もちろんこの時もこするのは厳禁です。

 

また、シャワーを直接顔に掛けるのも、肌刺激となりますので避けた方が良いですね。タオルで拭く時にもこすらずに、ポンポンと軽くあてがう程度で済ませましょう。

 

しっかりと保湿をしていますか?

 

肌質は脂性肌や乾燥肌、普通肌や混合肌などがありますが、混合肌や脂性肌だと思っていたのに、実は乾燥肌だったという事がよくあります。

 

肌の奥底が乾燥するインナードライの影響で、皮脂の過剰分泌が行われている状態の時に、脂性肌用のスキンケアアイテムを使っていては、益々肌は乾燥し、皮脂の分泌も盛んになってしまいます。

 

肌質がどのタイプであっても、洗顔後の保湿はしっかりと行いましょう。

 

ピーリングをし過ぎていませんか?

 

毛穴トラブル解消には正常なターンオーバーが行われる事が大切ですよね。

 

よく正常なターンオーバーは28日周期と言われていますが、それは20代のかたの目安です。

 

30〜40代では50日前後、50代では75日程度と、年代によって大きく変わってきますし、もちろん個人差もあります。

 

ターンオーバーを早めようとして頻繁にピーリングを行うと、一時的に毛穴は目立たなくなるかも知れませんが、肌バリア機能の弱い肌は、再び毛穴トラブルを招いてしまいます。

 

ピーリングを行う際には、年代や代謝を考慮して、肌に負担とならない程度に行いましょう。

 

いちご鼻や毛穴の黒ずみのような毛穴トラブルは、健康的は肌を取り戻すまでは続いてしまいます。

 

健康的な肌を取り戻すためには、正常なターンオーバーを待たなければなりません。そしてそのターンオーバーにはそれなりの日数が掛かりますので、目立つ毛穴を何とかしたいと思う気持ちを抑えて、焦らずにしっかりとケアする事が大切ですね。