ニキビケアに適した保湿に優れた化粧品とは?

ニキビケアに適した保湿に優れた化粧品とは?

ニキビを治すには保湿が重要です。乾燥すると肌を守るために過角化という現象が起こり、角質で毛穴がふさがれてニキビが悪化します。保湿をするとバリア機能が回復して、次第に角質が薄くなってニキビができにくい健康な肌に近づきます。

 

保湿化粧品にはさまざまなものがありますが、ニキビケアには適さないものもあります。どんな化粧品がニキビによいのでしょうか。

 

潤い

 

オイルフリー

 

アクネ菌は油分が大好物です。オイル配合の化粧品は、化粧品に配合されているオイルがアクネ菌のエサになり、アクネ菌を繁殖させてニキビを悪化させる可能性があります。また、オイルが毛穴につまることもあります。
植物性の化粧品は肌によいイメージがありませんか。

 

たしかに、植物性の化粧品には無添加のものが多くあり肌に優しいです。しかし、植物性化粧品はオリーブオイルなどの油分を配合していることがあり、オイルがアクネ菌を増やしてニキビを悪化させる可能性があるのです。植物性だからといってニキビによいとは限りません。

 

セラミドがおすすめ

 

肌の水分保持力の80%を担う細胞間脂質の大部分を構成しているのがセラミドです。生まれたころはたっぷりあったセラミドも、年齢を重ねるとともに減少して乾燥が気になるようになります。化粧品で補って潤いを与えてあげましょう。

 

植物セラミド、疑似セラミドなどいろいろな種類のセラミドがありますが、中でも浸透力と保湿力が高く刺激が少ないのがヒト型セラミドです。人の肌に存在するセラミドを似たような構造をしてい、浸透がよく角質層にまで届いて必要な場所に潤いを与えます。成分をナノ化したヒト型ナノセラミドには、さらに高い浸透力があります。

 

アルコールフリー

 

ニキビ肌はさっぱりタイプの化粧品を選びがちですが、必要なのは保湿です。さっぱりタイプの化粧品にはアルコールが配合されていることが多く、アルコールが蒸発するときに肌の潤いも奪ってしまいます。刺激になってバリア機能が低下します。アルコールフリーなら乾燥を予防しながらケアできます。